【内閣委員会】台風19号被害/都幾川堤防/「越水」ではなく「決壊」/誠実に被害と向き合え

 昨年10月に発生した台風19号の被害にあった、埼玉県東松山市を流れる都幾川の堤防の被害状況について質問しました。

 国土交通省は、都幾川葛袋地点の被害を「越水(川の水が堤防を越えてあふれ出したが、堤防そのものは残っている状態)」と発表しています。

 私は被災翌日に現場調査に入った際に撮影した写真(写真下↓)を示して、当該箇所の堤防はえぐられ、そっくり流されている。これは「越水」ではなく「堤防決壊」ではないか、と質問。

 御法川信英国土交通副大臣は「調査報告は現地の事務所(荒川上流河川事務所)が行ったもので、越水と整理されているが、塩川議員からの指摘もあるので、現地事務所に改めて被災状況を分析・検討させていきたい」と答えました。

 私は、当該箇所のすぐ下流部には民家も田畑もあり、浸水被害を被っている。国交省の認識が越水ということでは住民の方は納得がいかないのではないか。国交省の誠実さが問われる問題であって、放置することは認められない、と強調した。

 赤羽一嘉国交大臣は「再調査をし、正すべきは正していきたい」と答えました。

 私はまた、当該堤防の一部区間では「危機管理型ハード対策(※1↓)」が取られており、対策が施された区間では堤防の一部がえぐられているものの決壊に至っていない。この対策をさらに進め、堤防全体を鎧のように補強する耐越水堤防の実施に踏み出すべきだ、と主張した。

 御法川副大臣は「有識者会議を設置し、堤防強化に向けた検討を進めていく」と答弁しました。塩川議員は「もともとダムを優先して、耐越水堤防をやってこなかったことが問題だ」と強調しました。

※1:危機管理型ハード対策=堤防の天端(てんば)のアスファルト保護や裏法尻(うらのりじり)のブロック補強を行うもの。仮に越水が生じても決壊に至るまでの時間を長引かせる効果を狙ったもの。

衆議院TV・ビデオライブラリから見る


「議事録」