【議院運営委員会】法案誤り/相次いだ原因を指摘

 今国会への政府提出法案のうち、23法案1条約で計134カ所の条文・関係資料の誤りがあった前代未聞の事態。何が問題だったのか、原因は何か、政府の姿勢を追求しました。

 私は、今回の誤りが政府提出法案の4割、法案提出した府省庁の8割になるとして、特定省庁の問題ではなく政府全体の問題だと指摘。

 国民に権利義務を課す法律で誤りは許されない。ましてや罰則にかかる条文の誤りは決してあってはならないと述べ、感染症法の条文誤りが罰則の部分であったことを強調。

 誤りを直ちに国会・国民に報告しなかったとして、「国民の権利保障の点からも、議会制民主主義の観点からも、深刻な事態だ」と指摘しました。

 その上で、誤りが相次いだ原因について
1)効率化重視の民間手法が持ち込まれた
2)実務を担ってきた公務員が減り、公務員削減の負の影響が出てきた
3)菅政権が拙速に政策を推進した
4)大本に、公文書の改ざん・隠ぺい・虚偽答弁など、安倍政権以来の驕りがあり、官僚にも浸透した
―――と4点を指摘。

 加藤官房長官は、この指摘にまともに答えず「ミスが再び起こらない対策を講じたい」と述べました。


衆議院TV・ビデオライブラリから見る


「議事録」