【議院運営委員会】統一協会と関係深い安倍氏/「国葬」は中止を

 安倍晋三元首相の「国葬」をめぐる閉会中審査が行われ、安倍元首相の「国葬」は憲法14条の法の下の平等、19条の思想及び良心の自由を侵害すると指摘。岸田首相が統一協会(世界平和統一家庭連合)との「関係を断つ」と言いながら、協会と深い関わりを持つ安倍元首相の「国葬」を行う矛盾をただしました。

 私は、そもそも『国葬』は現行の憲法と相いれない。法の下の平等に反し、思想及び良心の自由を侵害し、弔意の強制につながると強調。協会と深いかかわりを持つ安倍氏に対し「敬意と弔意を国全体として表す儀式」である「国葬」を行うことは、関係を断ち切るという協会の活動を是認することになると批判しました。

 ところが、岸田首相は「本人が亡くなった今、協会との関係を十分把握することは難しい」とまともに答弁せず、調査すら拒否しました。

 私は、安倍氏が反社会的団体の統一協会の広告塔であり、選挙応援の司令塔だった疑惑を指摘。協会と安倍氏の関係があいまいなまま『国葬』にはならないと主張。

 安倍氏との関係の調査もせず『国葬』を行うのは国民の理解が得られないと、中止を求めました。

衆議院TV・ビデオライブラリから見る


「議事録」