埼玉・越谷市/比例は日本共産党、埼玉選挙区は伊藤岳へ

 北越谷駅、南越谷駅で街頭演説。

 演説を聞いていただいた女性の方は「今日、塩川さんの話を聞いて、共産党の対案がよくわかった。以前から共産党に対しては、テレビで小池さんを見て言いたいことをズバッと言ってくれると思っていた。頑張ってほしい」と話していました。

 暮らしに希望を!比例は日本共産党、埼玉選挙区は伊藤岳を押し上げてください!

大内茨城選挙区候補と訴え/茨城・つくば市

 つくば市で、大内くみ子茨城選挙区候補と一緒に訴えました。司会は山中たい子県議です。

 茨城県市民連合は6月6日、9項目の政策協定に基づき、日本共産党の大内くみ子候補を推薦し、当選のために活動することを決定しました。

 政策協定の内容は
・安倍政権がすすめる改憲に反対、安保法制の廃止、偽装と私物化の政治を許さない。
・東海第2原発を廃炉にし、自然再生可能エネルギーを充実させて原発に依存しない社会をめざす。
・消費税10%の10月増税をやめ、法人税の応分の負担・富裕層への適切な課税を行う。
などです。

 政策実現のために全力を尽くします!

茨城県ひたちなか市・東海村で街頭演説/東海第2原発再稼働反対・廃炉、原発ゼロを

 茨城県ひたちなか市・東海村で街頭演説。比例は日本共産党、選挙区は大内くみ子候補への支持を訴えました!

 原発発祥の地で、東海第2原発再稼働反対・廃炉、原発ゼロを求めました。

 安全面でも経営面でも原発は破綻しました。国会では、野党が共同して「原発ゼロ基本法案」を提出、さらに再生可能エネルギーや省エネを推進する「原発ゼロ実施法案」も提出しました。

 でも、安倍政権与党の自民・公明は、審議拒否。とんでもない!

 野党共闘の勝利、日本共産党の躍進で、安倍自公政権に審判を下し、原発再稼働ストップ、原発ゼロの日本を実現しよう!

さいたま市桜区・南区で街頭演説/お金の心配なく、学び・子育てできる社会を

 さいたま市桜区・南区で街頭演説。久保みき・金子あきよ市議と一緒に訴えました。

 安倍首相の「大学学費無償化」は、9割が対象外。無償化どころか、学費値上げすら容認する始末。看板に偽りあり。

 日本共産党は、大学、短大、専門学校の授業料を速やかに半額、段階的に無償化します。

 政府の制度に加えて、70万人の学生に月額3万円の給付制奨学金を支給します。

 お金の心配なく、学び、子育てできる社会を!

 比例は日本共産党、埼玉選挙区は伊藤岳へ!

群馬県知事選/前橋市内で石田清人候補の応援に

 群馬県知事選挙、前橋市内で石田清人候補の応援演説。

 県政も国政も、自民党の悪政に審判を下す絶好の機会です。

 八ッ場ダム、コンベンション施設、上信自動車道など、不要不急で無駄な大型開発優先の県政をやめて、暮らし・福祉・教育優先の県政を実現しましょう!

 石田清人知事の実現で、30人学級、学校給食費無料化、国保税引き下げを!

 消費税増税中止、安倍9条改憲ストップの一票は、石田清人候補へ!

栃木/大田原市・那須塩原市で野村節子県議と街頭演説

 午後は、栃木県大田原市、那須塩原市で街頭演説。野村節子県議と一緒に訴えました。

 安倍改憲にサヨナラの審判を下そう!

 憲法生かす三つの提案。①北東アジアに平和の共同体を。「北東アジア平和協力構想」。②核兵器禁止条約に署名する政府の実現を。③米軍基地の特権をただし、当たり前の主権国家を。日米地位協定の抜本改定。

 異常なアメリカいいなりの根源に安保条約があります。国民多数の合意で安保条約を廃棄し、対等平等の日米友好条約を結び、本当に独立国といえる日本の実現を。

埼玉/富士見市・三芳町・志木市/前原かづえ県議と街頭演説

 午前中、富士見市・三芳町・志木市で街頭演説。前原かづえ県議も一緒に訴えました。

 日本共産党は、ジェンダー平等社会(性差による差別のない社会)を推進します。党首でただ一人、安倍首相が反対した選択的夫婦別姓は、ただちに実現したい。

 何よりも、男女賃金格差を是正するルールをつくりたい。また、政策・意思決定の場への女性登用を促進します。

 日本共産党は、戦前から男女同権を求めてきた党です。党員の半分は女性。今回の参院選候補者も55%が女性です。

 「男女賃金格差の是正を」と訴えたとき、ちょうど通りかかった女子高生たちが、大きく手を振って応えてくれました。

大内くみ子茨城選挙区候補と街頭演説/茨城・土浦市

 午後は、土浦市で街頭演説。大内くみ子茨城選挙区候補と訴えました!元公明党副委員長の二見伸明さんが応援に駆けつけてくれました!


共産党躍進よびかけ/茨城・土浦/大内候補訴え

「しんぶん赤旗」7月9日付・首都圏版より

 日本共産党の大内くみ子参院茨城選挙区候補は7日、JR土浦駅前で街頭宣伝を行い、「一人ひとりか大事にされる政治を実現しよう」と訴えました。塩川鉄也衆院議員が応援に駆け付けました。

 「『社会的に弱い立場の人にこそ政冶の光を』と、40年地方議員をつとめてきた」と切り出した大内候補は、社会保障の充実に力を入れたいと強調。「安心して子育てができ、8時間働けば普通に暮らせる社会を」と呼びかけ、東海第2原発の再稼働ストップで原発ゼロ社会を実現しようと訴えました。

 塩川氏は「暮らしに希望と安心を。野党共闘の前進と日本共産党の躍進で、新しい政治の流れを広げよう」と訴えました。

 元公明党副委員長の二見伸明氏が激励に駆け付け、「平和を愛し、憲法を生活の中に取り入れようと頑張っているのが共産党だ」と紹介。「大内さんと共産党の勝利で新しい政冶の芽をつくろう」と呼びかけました。

 訴えを聞いていた茨城県市民連合の長田満江さん(83)は年金不安が広がっていることに触れ、「自分たちの明日の生活を心配する人が増えている。原発は絶対に再稼働させてはいけない」と力説。訴えに耳を傾けていた男性(20)は「原発が気になります。再稼働しない方向に向かってほしい」と話していました。

「核兵器のない世界を」の願いを七夕に/埼玉・三郷市で街頭演説

 午前中、三郷市内で街頭演説。雨模様で時折、強い風が吹くなか、駆けつけてくれた皆さん、本当にありがとうございます。

 国連で核兵器禁止条約が採択されて、今日で2年。各国で署名、批准が進んでいますが、安倍首相は署名しようとしません。米国など核兵器保有国に気兼ねして、核兵器廃絶を棚上げする姿勢は許せない!米国の未臨界核実験に抗議もしないなど、とんでもない!

 日本共産党は、核兵器禁止条約への署名、批准を求めてきました。異常な米国いいなりの政治を正そうと、一貫して取り組んできたのが日本共産党です。

 今日は七夕。「核兵器のない世界を」という願いをぜひ実現したい。

群馬県桐生市で街頭演説

 群馬県桐生市で街頭演説。貧困と格差の拡大をもたらす財界・大企業、富裕層のための安倍政治を変えて、99%の人たちのための政治を実現しよう!

 ひも付きの企業・団体献金を受け取らない日本共産党だからこそ、雇用・社会保障・教育・子育ての政策の財源として、大企業、富裕層に応分の税の負担を求めることができます。

 税金分け取りの政党助成金を受け取らない日本共産党だからこそ、税金の無駄遣いをただすことができます。

 車の中から手を振ってのたくさんの応援に元気が出ます!

埼玉選挙区・伊藤岳候補と街頭演説/富士見市・みずほ台駅前

 富士見市のみずほ台駅前で、伊藤岳候補と街頭演説。

 社会保険料の事業主負担の軽減など7000億円の中小企業支援で、労働者の賃上げを。欧米諸国では常識ですと訴えました。

 その演説を聞いた年配の男性は「そんなことができるんだと、初めて知った。若い人が安心して暮らせる給料になってほしい」と話していました。


まともに暮らせる政治/埼玉/伊藤候補

「しんぶん赤旗」7月6日付・首都圏版より

 日本共産党の伊藤岳参院埼玉選挙区候補は5日、川越、ふじみ野、富士見、所沢の各市と三芳町を駆け巡りました。

 伊藤氏は、消費税増税や低賃金、年金引き下げなどに苦しむ市民の声を紹介。「まともに暮らせず、当たり前に生きることすらできないような政治を続けさせるわけにはいかない。『自分らしく生きたい』という願いを共産党に託してください」と訴えました。

 富士見市のみずほ台駅前の街頭演説には塩川鉄也衆院議員も駆け付け、比例での共産党の躍進をと強調。「市民の声をしっかりと受け止め、『暮らしに希望を』の活動に奮闘してきた伊藤候補を、何としても国会へ」と呼びかけました。

 三芳町で演説を聞いた女性(77)は「消費税が上がったら本当に暮らしが大変。伊藤さんが訴えていたこと、息子にも話します」と話しまし
た。

 伊藤氏のツイッターを見て演説を聞きに来た男性(29)=富士見市=は「東京で働いていた時は賃金が低く大変だった。共産党には、最低賃金の引き上げなど、弱い立場の人が頑張れる社会を実現してほしい」と語りました。

 

 

栃木選挙区野党統一の加藤ちほ候補の応援に/宇都宮市

 宇都宮市内で、栃木選挙区野党統一の加藤ちほ候補の応援に駆けつけました!

 日本共産党は、参院選栃木選挙区で小池一徳さんの擁立を予定していましたが、安倍政権に対決し、野党共闘の勝利のため、立候補を取り止め、加藤ちほ候補勝利のために全力を尽くします!

 荒井聡衆院議員(立憲民主党)の秘書として、政策立案実務にも関わってきた加藤ちほさんは、国会でただちに活躍できる即戦力です。

 官邸機能強化などによる安倍暴走政治に対して、国会の行政監視機能の発揮が重要になっているときだからこそ、加藤ちほ候補はうってつけの人です。

 東電原発事故の原因究明を求める国会の事故調査委員会設置法案の立法作業に関わった経験は貴重です。

 また、野党議員中心に20年以上の活動を積み重ねてきた議員連盟「公共事業チェック議員の会」は、政府の無駄な大型開発の調査、告発、是正を求めて、川辺川ダム中止など成果を挙げてきましたが、その会長は、加藤ちほ候補がサポートしてきた荒井聡衆院議員です。

 国会の行政監視機能の発揮に、全力を挙げることができるのが加藤ちほ候補です。
なんとしても押し上げたい!

 消費税増税ストップ、現状のままの原発再稼働反対、原発ゼロ、安倍9条改憲阻止をはじめ、野党の共通政策は、国民多数の声。訴えが届けば必ず勝利できます!

 そして、比例代表は日本共産党へ!


加藤さんこそ国会に/宇都宮/塩川議員が統一候補応援

「しんぶん赤旗」7月6日付・首都圏版より

 日本共産党の塩川鉄也衆院議員は5日夜、宇都宮市の繁華街で、参院栃木選挙区(改選数1)野党統一候補の加藤ちほ氏(43)=新、立憲民主党公認、新社会党推薦、国民民主、社民、緑の党支持=の応援にかけつけ、「みなさんと力をあわせて勝利に全力をあげる」と訴えました。

 塩川氏は、8年前の東京電力福島第1原発事故の経緯や原因を究明する「国会事故調」の設置と活動に言及。「加藤氏は、国会で政策秘書として、その活動をサポートしてきた人で、野党が政策合意した13項目の実現にただちに取り組める人だ」と述べました。「加藤さんこそ国会に」との呼びかけに、参加者は「そうだ」の声で応えました。

 野党各党、「県民ネット」、労働組合の代表らがそれぞれ決意表明。「勝とう」とコールしました。

 聴衆の男性(38)は「野党共闘を批判する安倍さんの主張は、一強政治を地でいくもの。みんなで頑張りたい」と話しました。